So-net無料ブログ作成

阿部寛&天海祐希遊川和彦作品「恋妻家宮本」で初夫婦役共演決定!!  [恋妻家宮本]

数々の話題作品で注目される脚本家の遊川和彦氏が重松清氏の小説を元に
映画監督に初挑戦。阿部寛天海祐希の初夫婦役で映画化した
恋妻家宮本が2017年公開されることがわかった。


鈴木京香.jpg阿部寛.jpg



スタッフ
監督:遊川和彦
脚本:遊川和彦
原作:重松清




キャスト
阿部寛(宮本陽平)・・・主人公の中学校教師
天海祐希(美代子)




原作は重松 清
ファミレス (日本経済新聞出版社)
ファミレス.jpg




スポンサードリンク









物語は
息子夫婦が転勤が決まり福島へ旅立った後、25年ぶりの2人きりの
生活に戸惑いを隠せない陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は
お酒を飲み過ぎ、美代子は酔いつぶれてしまう。
その夜、陽平は本棚から記入済で、捺印もされた離婚届を発見する。
中学校教師として真面目に生きてきた陽平は、自分には何も問題が
ないと思っていたが熟年離婚の危機に直面し動揺する。
妻に問いただすこともできないまま悶々とした日々を送る陽平だったが
中学校の教え子や料理教室の仲間とのかかわりのなかで夫婦や家族の在り方を
考えなおし、美代子と新たな一歩を踏み出そうとする。






みどころは
「家政婦のミタ」や「偽装の夫婦」など数々の話題作を手掛け
注目を集めてきた脚本家、遊川和彦が、本作品で映画監督に初挑戦
俳優の阿部寛と天海祐希が初の夫婦役で共演する。
原作は重松清氏の小説「ファミレス」で脚本も務める遊川監督が
脚色し子供が独り立ちした後の50代夫婦が描かれる。
子供が手を離れた夫婦の夫婦生活を遊川監督の視点でどう描かれていくのか
みどころ。





映画「恋妻家宮本」は
クランクインは1月15日、公開は2017年予定





スポンサードリンク





nice!(91)  トラックバック(0) 

nice! 91

トラックバック 0