So-net無料ブログ作成
第40回講談社漫画賞 ブログトップ

第40回講談社漫画賞に「DAYS」「私がモテてどうすんだ」「コウノドリ」が受賞決定!! [第40回講談社漫画賞]

今年も講談社漫画賞の受賞作が発表され「第40回講談社漫画賞」には
安田剛士「DAYS」ぢゅん子「私がモテてどうすんだ」鈴ノ木ユウ
コウノドリ」が選ばれた。



受賞作品は以下の通り
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少年部門
安田剛士「DAYS」
DAYS.jpg




少女部門
ぢゅん子「私がモテてどうすんだ」
私がモテてどうすんだ.jpg




一般部門
鈴ノ木ユウ「コウノドリ」
コウノドリ.jpg





講談社漫画賞とは
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講談社漫画賞は講談社が講主催する漫画作品に対する賞で
第1回が1977年(昭和52年)に開催されてから今年で40回目
を迎える。
主に講談社の雑誌掲載作品が選ばれることが多いが、他社発行
誌の作品も受賞する場合もある。

受賞者には賞状とヒロ・ヤマガタによるブロンズ像、および賞金
100万円が贈られる。






スポンサードリンク










40回目の選考委員は
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
赤松健
うえやまとち
暮維人
加瀬あつし
小林深雪
森高夕次







「DAYS」は
サッカー名門校に入学した主人公・柄本つくしと孤独なサッカーの
天才・風間陣ともに高校サッカーに情熱を燃やしともに成長していく
安田剛士による激熱サッカー漫画
週刊少年マガジンにて連載され、今夏よりテレビアニメ化が決まっている。



「私がモテてどうすんだ」は
男の子同士が仲良くしているのを見て妄想するのが好きな腐女子
芹沼花依を主人公にしたラブコメディ
ある日、校内の4人の美男子からデートの誘いを受けてまさかの
モテ期到来!?
ぢゅん子作、別冊フレンド(講談社)にて連載中アニメ化も決定!!



コウノドリは
綾野剛主演でテレビドラマ化されたモーニング(講談社)にて連載中
の鈴ノ木ユウによる人気作品
孤児として育った産科医の
奮闘を通じ、妊娠や出産の過酷な現場を描く医療ドラマ。
コウノドリ綾野剛.png






過去10年の優勝作品は
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第39回(2015年)
少年部門
鈴木央「七つの大罪」(講談社)
渡辺航「弱虫ペダル」(秋田書店)
少女部門
海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」(講談社)
一般部門
弐瓶勉「シドニアの騎士』」(講談社)
特別賞
うえやまとち「クッキングパパ」(講談社)


第38回(2014年)
児童部門
小西紀行「妖怪ウォッチ」(小学館)
少年部門
勝木光「ベイビーステップ」(講談社)
少女部門
タアモ「たいようのいえ」(講談社)
一般部門
雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)


第37回(2013年)
児童部門
雷句誠「どうぶつの国」(講談社)
少年部門
新川直司「四月は君の嘘」(講談社)
少女部門
河原和音「アルコ!」(集英社)
一般部門
アダチケイジ「グラゼニ」(講談社)
平本アキラ「監獄学園』」(講談社)


第36回(2012年)
児童部門
遠山えま「わたしに××しなさい!」(講談社)
少年部門
羅川真里茂「ましろのおと」(講談社)
少女部門
水城せとな「失恋ショコラティエ」(小学館)
一般部門
幸村誠「ヴィンランド・サガ」(講談社)


第35回(2011年〉
児童部門
松本ひで吉「ほんとにあった!霊媒先生」(講談社)
少年部門
諫山創「進撃の巨人」(講談社)
少女部門
末次由紀「ちはやふる」(講談社)
一般部門
小山宙哉「宇宙兄弟」(講談社)
羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社)



第34回(2010年)
児童部門
やぶのてんや「イナズマイレブン」(小学館)
少年部門
寺嶋裕二「ダイヤのA」(講談社)
少女部門
東村アキコ「海月姫 くらげひめ」(講談社)
一般部門
ツジトモ「GIANT KILLING」(講談社)



第33回(2009年)
児童部門
えぬえけい「名探偵夢水清志郎事件ノート」(講談社)
少年部門
加藤元浩「Q.E.D. 証明終了」(講談社)
真島ヒロ「FAIRY TAIL」(講談社)
少女部門
いくえみ綾「潔く柔く」(集英社)
一般部門
藤島康介「ああっ女神さまっ」(講談社)



第32回(2008年)
児童部門
PEACH-PIT「しゅごキャラ!」(講談社)
少年部門
田中モトユキ「最強!都立あおい坂高校野球部」(小学館)
少女部門
椎名軽穂「君に届け」(集英社)
一般部門
石川雅之「もやしもん」(講談社)



第31回(2007年)
児童部門
小川悦司「天使のフライパン」(講談社)
少年部門
久米田康治「さよなら絶望先生」(講談社)
八神ひろき「DEAR BOYS ACT2」(講談社)
少女部門
六花チヨ「IS」(講談社)
一般部門
ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」(講談社)



第30回(2006年)
児童部門
安藤なつみ「キッチンのお姫さま」(講談社)
少年部門
大暮維人「エア・ギア」(講談社)
少女部門
すえのぶけいこ「ライフ」(講談社)
一般部門
漆原友紀「蟲師」(講談社)






スポンサードリンク





nice!(102)  トラックバック(0) 
第40回講談社漫画賞 ブログトップ