So-net無料ブログ作成
無伴奏 ブログトップ

成海璃子×池松壮亮 出演の 映画「無伴奏」近日公開!! [無伴奏]

直木賞作家、小池真理子の半自伝的恋愛小説を矢崎仁司監督が
成海璃子×池松壮亮の競演で描いた無伴奏
が2016年3月26日より公開スタートする。



無伴奏.jpg




スタッフ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督:矢崎仁司
脚本:武田知愛
主題歌:Drop's

原作:小池真理子/無伴奏 (新潮文庫)
無伴奏本.jpg





キャスト

成海璃子(響子)
池松壮亮
斎藤工
遠藤新菜
松本若菜
酒井波湖
仁村紗和
斉藤とも子
藤田朋子
光石研




スポンサードリンク









物語は
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学生運動が盛んだった1969年、仙台に暮らす女子高生の響子(成海璃子)
も時代に流されるように学園紛争に夢中になっていた。
そんなある日、友達とともにバロック音楽が流れる喫茶店「無伴奏」を
に足を運んだ響子は大学生たちと出会いその中の一人大学生の渉(池松壮亮)
に次第にひかれていく。






みどころは
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
直木賞受賞作家、小池真理子の半自伝的小説を、「三月のライオン」
などで知られる矢崎仁司監督がメガホンをとり実写化
主演には成海璃子が、相手役には今人気急上昇中の池松壮亮が演じる。
実在した仙台のバロック音楽喫茶「無伴奏」を舞台に繰り広げられる
ストーリーはもちろん学園紛争に傾倒する多感な女子高校生を体当たり
で演じる成海璃子の演技も見どころ。







映画「無伴奏」予告編

出典:Yoo Tube





公開は
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
映画「無伴奏」の劇場公開日は2016年3月26日





スポンサードリンク





nice!(108)  トラックバック(0) 

成海璃子&池松壮亮&斎藤工出演の「無伴奏」映画化決定!! [無伴奏]

直木賞受賞作家小池真理子原作「無伴奏」が成海璃子
池松壮亮斎藤工ら豪華キャストで実写映画化されることが
わかった。


無伴奏.jpg




監督は
矢崎仁司

キャストは
成海璃子(野間響子)
成海璃子.jpg
主人公


池松壮亮(堂本渉)
池松壮亮.jpg
響子がのめりこむ恋の相手


斎藤工(関祐之介)
斎藤工 (2).jpg
翳りのある青年 渉の友人

遠藤新菜(高宮エマ)
遠藤新菜.jpg
関の恋人




原作は小池真理子
無伴奏 (新潮文庫)
無伴奏本.jpg


スポンサードリンク









監督は矢崎仁司
矢崎 仁司(やざき ひとし)
矢崎仁司.jpg
生年月日:1955年11月20日
代表作
風たちの午後(1980年)
三月のライオン(1992年)
花を摘む少女と虫を殺す少女(2000年)
ストロベリーショートケイクス(2006年)
スイートリトルライズ(2010年)
不倫純愛(2011年)
1+1=11(2012年)
太陽の坐る場所(2014年)




物語は
舞台は1969年の杜の都仙台
女子高校生の響子(成海璃子)は制服廃止闘争委員会を結成し
運動していた。
そんなある日同級生い誘われクラシック音楽の流れる喫茶店
「無伴奏」へ初めて足を運びそこで大学生の渉(池松壮亮)
祐之介(斎藤工)、エマ(遠藤新菜)と出会う。
響子は渉に興味を抱き次第に強く惹かれていくが・・・・・。






みどころは
直木賞作家の小池真理子さんの半自叙伝的小説、代表的な恋三部作の一つ
無伴奏を成海璃子と池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜ら若手豪華キャストで
実写化した注目作
(※恋三部作は「恋」「欲望」「無伴奏」)
小池真理子さんはさんは、
「何もかも繊細に丁寧に描かれていてあの時代を生き直したような
感覚を味わいました」と語っており無伴奏の店内も確実に再現されて
いるということでそのセットなどもみどころ


「無伴奏」は2016年、全国にて公開予定



スポンサードリンク





nice!(109)  トラックバック(0) 
無伴奏 ブログトップ