So-net無料ブログ作成
新生M‐1グランプリ ブログトップ

新生M‐1グランプリ復活は2015年冬に決定 [新生M‐1グランプリ]

2010年に惜しまれつつ終了していた伝説の笑いの祭典「M-1グランプリ
が2015年冬5年ぶりに復活することがわかった。
復活する時期は当初2015年夏ということだったが延期され
2015冬、新生M-1グランプリとなり復活することがABCの脇阪聰史社長の
会見により明らかにされた


M1グランプリ2.jpg


時期変更の理由は
「M-1グランプリ」休止後にスタートした漫才コンテスト「THE MANZAI」
と時期が重ならないよう夏開催を決定していたが
その年のNo.1を決めるという意味合いからやはり以前のように
冬場が最適な時期ということで夏から冬への変更







新生「M-1グランプリ」の出場資格は
「2人以上で結成15年以内のコンビ」であること
(5年間の休眠期間を経たことを考慮し、結成15年以内という条件に変更)

●出場資格:プロ・アマ・所属事務所を問わず、2人以上のコンビ。
結成15年以内(2000年1月1日以降結成)
●審査基準:おもしろい漫才
●優勝賞金:1000万円



スポンサードリンク









「M-1グランプリ」とは
M-1グランプリ(エムワングランプリ)は、島田紳助が企画し、
単純におもろい奴を決めるコンテストをというコンセプトで
吉本興業が主催し2001年より10年間続いた漫才のコンテストである。
「漫才の頂点を決める」という大会理念から若手漫才コンビ
にとって最高の栄誉として広く認識されており、また優勝者は
仕事の環境なども大きく変わるとあって既存の
新人漫才コンクールよりも重要視する芸人や関係者も多いということである。








歴代の優勝者は

第10回 笑い飯(2010年)よしもとクリエイティブ・エージェンシー
笑飯.jpg


第9回 パンクブーブー(2009年)よしもとクリエイティブ・エージェンシー
パンクブーブ.jpg


第8回 NON STYLE(2008年)よしもとクリエイティブ・エージェンシー
ノンスタイル.jpg


第7回 サンドウィッチマン(2007年)フラットファイヴ
サンドイッチマン.jpg


第6回 チュートリアル(2006年)吉本興業
チュートリアル.jpg


第5回 ブラックマヨネーズ(2005年)吉本興業
ブラックマヨネーズ.jpg


第4回 アンタッチャブル(2003年)人力舎
アンタッチャブル.jpg


第3回 フットボールアワー(2003年)吉本興業
フットボーアワー.jpg


第2回 ますだおかだ(2002年)松竹芸能
ますだおかだ.jpg


第1回 中川家(2001年)吉本興業
中川家.jpg




予選開始
8月より予選1回戦がスタート予定。
その他の詳しいことについては後日の発表が待たれる。


いよいよ始動する新生「M-1」
漫才ブームは終わったという声もささやかれるなかM-1の復活は
お笑いファンにとって朗報だ
冬の開催が待たれる。




スポンサードリンク





nice!(123)  トラックバック(0) 
新生M‐1グランプリ ブログトップ