So-net無料ブログ作成

移住人気が高まる近年、移住するならどこにする? [移住]

新幹線などの開通などにより首都圏への交通アクセスが飛躍的に進み
東京一極集中について議論される中
一方で都会を離れ地方に移住する人が年々増えているという




移住先人気ナンバー1は何県?
NPOふるさと回帰支援センター調べによる都会から地方に移るとしたら
どこに住みたいか?の2014年の「ふるさと暮らし希望ランキング」
では1位には山梨が輝いた。


第1位 山梨県
山梨県.jpg

第2位 長野県
長野県.jpg

第3位 岡山県
岡山県.jpg

第4位 福島県
福島県.jpg

第5位 新潟県
新潟県.jpg

第6位 熊本県
第7位 静岡県
第8位 島根県
第9位 富山県
第10位 香川県




第1位に輝いたのは山梨県
長野県は今回第2位だったものの2011年から4年連続で
1位を占め以前人気があります。
一方昨年から新潟県、島根県、熊本県がトップ10内に
ランキングされています。







スポンサードリンク








仕事や住まいなどあらゆる受け入れ態勢が整えられるなど
移住の受け入れに力を入れている県も多いのですが
ここでは特に都会から地方に移住するにあたってのメリットと
デメリットをさぐってみました。





メリット
●家庭菜園、自給自足できる
●星や川や山など自然がいっぱい
●土地や家賃などが安く大きな家に住める。
●物価が安い
●ペットが自由に飼いやすい
●人づきあいが温かい
野菜.jpg
空気もきれいで無農薬とれたて野菜の自給自足や
広々とした土地でのびのび暮らせるのは一番のメリットと言えそうです。
またアウトドア好きの人にはたまらない魅力があるのでは
ないでしょうか。




デメリット
●娯楽施設が少ない
●車がないと移動ができず必需品で維持費がかかる
●近所づきあいが密で面倒
●企業や店が少なく仕事が見つけにくい
●子供の学校など環境の大きな変化
●病院が遠い

便利な生活に慣れ過ぎていると小さな事を上げれば今や必需品
のスマホなどの電波が悪い。
お店が少なく品そろえが悪い。テレビのチャンネルが少ない
など細かいことに不便を感じるかもしれません。
自然の中で自由ですが、移動手段に車がないとどこにもいけず
また近所づきあいが多くなるためフレンドリーな半面干渉されたくない
という人には逆にストレスを感じるかもしれません。






これからもますます移住化は進むのでしょうか?
都会の暮らしに疲れて逃げたいと安易に決断するともしかしたら
後悔するのかもしれません。
少し長い期間旅行で田舎にふれてみるとか一定期間住んでみるなど
もう少し気軽にお試し期間のような移住地のくらしを
体験できるシステムや機会があればもっと思い切りがつくのかも
しれませんね。




スポンサードリンク





nice!(117)  トラックバック(0)