So-net無料ブログ作成
検索選択
花粉症にシソ茶とれんこん ブログトップ

花粉症はれんこんとシソ茶でのりきる れんこん効果はすごい!! [花粉症にシソ茶とれんこん]

花粉症レンコンシソ茶でのりきる


花粉症が年々ひどくなり

免疫注射、甜茶、べにふうき
鼻を焼くなどなど
花粉症に効くといわれるあれやこれや
ためしてみたけど
頑固すぎていっこうによくならない


そこで今気になる2つの食べ物に注目
ひとつはシソ茶、もうひとつはれんこんだ。
れんこんの方は10月頃から摂りはじめた。
これがなかなかいいようなので
ここでは両方の効能など調べてみました。


まずはシソ茶ですが

しそ.jpg


シソには、アレルギー症状を抑止する抗ヒスタミン成分があり
シソ茶に含まれるロズマリン酸は花粉症に高い効果があると
今注目を浴びています。
花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状に
効果があるようです。
またしその香りには鎮静作用がありリラックスできます。

シソ茶はティーバックで販売されているので
気軽に飲めます。
、花粉が飛び始めて症状が起こる2~3ヶ月前から
シソ茶を飲んでおくと効果が期待できるそうです。
シソ茶.jpg




れんこん

れんこん.jpg



ネット上には、れんこんを食べて症状が緩和されたという意見が数多く寄せられ、
なかにはまったく症状が出なくなったという人もいるとか。


620人を対象にした実験で、れんこんの成分を摂取したところ
3か月間でなんと81%の人に花粉症の症状の改善が見られたということ。

これは れんこんにふくまれるタンニンの効果で
タンニンにはアレルギーの原因物質である
アレルゲンに反応するIgE抗体を抑制する働きがあり
花粉症を抑える効果があるそうだ。


スポンサードリンク











1日40g輪切りで3つほど食べ続けると、
2週間で効果が表れ始めるという。

とりあえずやらない手はないと
れんこんを買ってきたもののめんどくさい
花粉の季節の前から終わるころまで続けるほうが
いいということだがいつでも新鮮なれんこんが
手に入るとは限らないし

とにかく簡単でないと続きそうにない
そこで粉末の袋入りを購入
料理に入れたりしょうが湯にいれたりして
食べると書いてあったが

おちょこに粉を入れお湯をそそぎダイレクトに飲んでいる。
これでもぜんぜんだいじょうぶで味は薄いココアみたいな感じ

こんな感じ
       ↓



花粉症を通り越して万年鼻炎で鼻炎薬を常時服用していたが
最近は鼻炎薬の存在を忘れている。

花粉症の季節にならなければわからないが
同じように毎年苦しい思いをしている方におすすめかもしれません。

スポンサードリンク




花粉症にシソ茶とれんこん ブログトップ